もはや神(アイドル)頼み。「乃木坂46」にハマる。〜絶不調期間その1〜

気に入ったらシェアお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 7

ワナッカム!

10月の初旬頃からモチベーションが上がらなくなり、中旬頃から最近まではモチベーションが全く上がらずメンタル状態もこちらに来てから一番悪い期間を過ごしていました。

「病は気から」という言葉もある通り体調も優れませんでした。

青年海外協力隊としてインドに派遣されてからおよそ7ヶ月。

「どの隊員も必ず落ちる時期がある。」

と言われてましたが、ひっそりとその時期が来ていました(笑)

「どうせならとことん落ちてしまおう!」と考えて過ごしていた期間。

その期間に私は国民的アイドルグループにハマっていたのでした。

乃木坂46にハマる。

そう、私は「乃木坂46」にハマっていました。

AKB48公式ライバルとして結成したアイドルグループです。

グループ名の「乃木坂」は、最終オーディション会場の「SME乃木坂ビル」に由来します。「46」の由来に関しては、「AKB48より人数が少なくても負けないという意気込み(秋元康氏)」から。

読み方は”ノギザカフォーティーシックス”。また、メンバーは全国規模のオーディションにより、38,934人の応募の中からスターティングメンバーとして33人が選ばれました。

引用元:http://www.nogizaka46.com/about/

Youtubeでバナナマンの動画を漁っていた際に「乃木坂46との番組のおもしろ名場面集」を発見しました。

「MCのバナナマンも面白いんだろうな〜どうやってアイドルを仕切ってんのかな〜」

なんて見たのがきっかけとなり…

私はハマっていきます。

「バナナマン→乃木坂46」と自身のベクトルが変化していきます。

動画を見ていくにつれてとっても彼女たちを応援したくなってくるんです…不思議と…

ぎこちなくとも、トークが上手くなくとも懸命になってバラエティ番組に取り組む姿どの子もキラキラして見えました。(何より日本人がやっぱり可愛い)

そして私は決定的とも言える一打を打たれてしまいます。

「推しメン」ができる。

なんと動画を見だして数時間も立たないうちに乃木坂46内に「推しメン」が出来ます!

推しメンとは『イチ推しのメンバー』を略したもので、アイドルグループの中のイチ推しのメンバー(特に気に入っているメンバー、応援しているメンバー)を意味する。複数の推しメンがいる場合、一番好きなメンバーを神推し、二番目が激推し、三番目を推しという。また、推しメンを変えることを意味する推し変といった派生語も存在する。推しメンはAKB48を中心に、主に女性アイドルグループに対して使われる。ジャニーズ(ジャニーズ用語)の場合、自担がこれにあたる。
なお、推しメンは2011年ユーキャン新語・流行語大賞で候補語になったが受賞はしていない。

引用元:http://zokugo-dict.com/05o/osi-men.htm

その推しメンは「まいまい」こと深川麻衣ちゃん。

くしゃっとした可愛いすぎる笑顔にやられ、静岡県磐田市出身・年齢もグループ内で最年長ということで比較的近い。親近感がわきました(笑)

そして何と彼女はメンバーやファンから「聖母」と愛称で呼ばれていました。

モチベーションも上がらずメンタルも絹ごし豆腐状態だった私は偶然にも「聖母」に助けと癒しを求めたのです。

推しメンができたことにより私の勢いは加速して行きます。

画面にまいまいが映ると嬉しくなり「頑張って!」と心の中で応援しまくり。

番組であまり彼女が取り上げられられないと残念に思ったり。

画面にちっちゃく映るワイプのリアクションにさえ注目します。

そしてまたこのリアクションもいちいち可愛い…表情も豊かですんごーく人の話をしっかり聞いてるし…

「可愛い上に性格も(きっと)ばっっっかいい子やん!!」

ってなりましたよね。

「深川麻衣」の人気まとめ一覧 – NAVER まとめ

そうです。もはやただのファンです。

「推しメン」が卒業

「推しメン」を見つけ乃木坂46にのめり込んでいく私。そんな私に衝撃が走ります。

何と今年の6月にまいまいは卒業していました…

え〜〜っ。ぽか〜んっ。悲しいっ。

しかもハマり出してかなり初期の段階です。ググったらすぐに「卒業」に関する記事を発見。

「好きなメンバーが卒業する時のファンの気持ちはこういうものか」と理解できましたよね。なんとも言えぬ喪失感でした。

「頑張る姿と素敵な笑顔に励まされる」ということ。

この短期間の間、ふとしたきっかけで私は乃木坂46にハマり、応援していく中でグループ内に推しメンができ、頑張る姿と笑顔を見て元気と癒しをもらい、推しメンが卒業して喪失感を味わいました。

自分の中でのブームが去りまた冷静になった今(深川麻衣さんは絶賛応援中)、「なんで乃木坂46にハマっていたんだろう…?」って考えると…

(誰かが)一所懸命になって頑張る姿と素敵な笑顔にとても励まされていたんだなと思います。

「笑顔は人を幸せにする」

「あなたの笑顔に励まされる」

「夢に向かって頑張る姿はかっこいい」

とかってよく聞くし、ありふれた言葉だし、クサい言葉だけど、自分に起こったことを考えてみると「確かに!」って改めて思えました。

楽しいから笑うのではない。笑うから楽しいのだ。

We don’t laugh because we’re happy – we’re happy because we laugh.

ウィリアム・ジェームズ

ただアイドルにはまっただけではなくて、自分を振り返る時間ときっかけができたので良かったです(笑)

「乃木坂46とまいまいのおかげで完全に回復!」

と思いきやまだまだ停滞期は続きます……

推しメンの卒業による喪失感+悲しみにより気分がさらに落ちます(逆効果)

絶不調期間その2へ続く…

Today’s song

「ハルジオンが咲く頃」乃木坂46

記事を書いている人


名前:あらちゃん
年齢:28歳
出身地:静岡県
静岡県立大学国際関係学部卒。若者支援団体「若者エンパワメント委員会(YEC)」OB。エンパワメントの重要性を認識。
卒業後は人材派遣会社(東証一部上場)にて、製造工場での現場研修の後、営業・採用・労務管理として3年間勤務。青年海外協力隊へ応募し登録から合格へ。27年度3次隊。駒ヶ根訓練所。インドにて養蚕普及活動に携わる予定。

気に入ったらシェアお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする